私は朝はずっとあまいパンを食べることが好きだったし、今でもそれは変わらないと思っていた。
だがしかし、30になるのを目前とした今。なんだか朝ご飯は、ご飯がとてもおいしくかんじるようになったのだ。
あまいパンももちろん食べたくないわけでなくて、食べるとしあわせな気持ちになるのだが、どうにもこうにも口があまくなる。
この間、ミスドを食べていてとてもしあわせだったのだが。二個目を食べるときにはもう満たされすぎていた。
目の前でイカの塩辛を食べようとしている旦那さんのご飯を一口もらってみた、あのうまさ。
やっぱり日本人は米である、そう心から思った。あまいものが苦手だからご飯を食べようとしていた旦那さんのご飯は、みるみる減り、
気付いたら半分を食べてしまっていた。旦那さんは減った、、という悲しそうな眼をしていたが許してくれた。
器の広い旦那さんに惚れ直す。わがままな嫁でごめんね。
とにかくなにがいいたいのかというと、朝ご飯はごはんがうまい。ミュゼ500円紹介